知って得する一般派遣契約と業務委託契約について

知って得する一般派遣契約と業務委託契約について

・ただ派遣先に行かされているワケじゃない!

派遣会社には、通常の派遣先に人を派遣する「一般派遣」以外にも、クライアントから業務をまるまる受注する「業務委託」を扱っている企業があります。結局どっち社外へ人を派遣することには変わりはないのですが、実は大きな違いがあります。働く方のスキルや意欲で大きく差が付く可能性がありますので、自分が目指したいところをチョイスするようにしてください。

 

・一般派遣って何?

事務職や製造業などに多い雇用形態でスタッフへ対しての指揮命令権な就業シフトなどは全て派遣先に依存(準ずる)する形になります。そのため派遣会社の営業担当は派遣先の業務に関する直接指導などは行いません。というか担当営業は派遣先の細かい業務まで把握していない場合が多いです。派遣法ではその他にもすっっごく細かいルールがあるますが大まかにはこんな感じです。

 

・業務委託って何?

特定の企業の一部業務をまるまる派遣会社に委託される契約です。多くみられるのは、通信関係の業務などで、分かりやすく例をあげると大型の家電量販店に入っている赤とか青のベストを着ているアレです。一般派遣との違いは、業務そのものを委託されているのでスタッフに対する指揮命令権はクライアント側には無く派遣会社が有する形になります。例に挙げた量販店のスタッフの場合は、クライアントは通信会社ですが、業務自体は派遣会社が行うため自社業務になり、一般派遣のような派遣先云々の話はなくなります。ですので、実際は派遣社員ではなく派遣会社の契約社員の扱いになるのが正当なスタッフとの契約方法になります。量販店は業務のために間借りしているだけのようなイメージです。

 

・結局どっちがいいの?

一般派遣は事務系、製造系に多く、もくもくと同じ作業をこなせるような方、派遣会社が持っている業務委託は販売系が多いので、対人スキルの高い方や営業に自信のある方に向いています。業務量や業務の難しさなどは、基本的には派遣先によってまちまちです。じゃあどっちが稼げるか?が非常にきになるところだと思いますので、お金の話は次回お話させていただきます。

 

 

・稼ぎたい人はどっちがいいの?

一般派遣契約と業務委託契約①の最後にお話しさせていただきましたどっちが儲かる?稼げる?の部分ですが、ハッキリ言えばどちらでもスペシャリストは間違いなく稼げます、時給の金額面は地域ごとの水準がベースになりますので首都圏と地方部では差がありますが、スペシャリストであれば地域ごとの上位の水準の稼ぎになります。今回お話しするのは、派遣会社目線でどっちが時給を上げやすいか?です。

 

・時給単価の動かしやすいのはどっち?

ズバリ業務委託です。実際に、一般派遣と比べると通信系の業務委託のほうが時給は動かしやすくなっています。派遣会社によっては、その時給の動かしやすさが影響して一般派遣と業務委託の平均時給単価が大きく差が付いている派遣会社もあると聞きます。それでは何故業務委託のほうが時給が動かしやすいのでしょうか?

 

・給料の出所がそもそも違う

一般派遣は、派遣会社がクライアントに対しての請求は単価時給として請求します。ですので、スタッフの稼働時間×請求単価=売上 になります。その売上からスタッフの給与を引いた分が派遣会社の利益になります。スタートの段階で、クライアントから提示された単価から利益を引いた金額が時給になるので、直接クライアントが単価を上げてくれないと時給を上げづらい仕組みになっています。
業務委託はたとえば3カ月に1回(4半期)契約などになっていて、期ごとにまとめて委託費として大きな金額をクライアントに請求できます。見込み費用として先に請求を出せる仕組みのため、時給の変動も見越した請求ができます。その結果、業務委託の場合だと時給の変動をさせやすくなるワケです。

 

・どうやって時給アップを勝ち取るかをまとめると

一般派遣
⇒スタッフ自信が派遣先に認められる、請求単価を上げるよう努力する。派遣会社の請求単価が上がればスタッフに跳ね返ってくる可能性も十分にある。
※派遣会社によっては、言葉は悪いですがピンハネもあるので把握できるよう最善の努力をしてください。
業務委託
⇒現場での努力と、派遣会社に対する直接交渉で定期的な時給アップを勝ち取れる可能性が大いにある。
※業務委託=派遣会社の契約社員の位置づけになるので、当然ですが自社の利益にしっかりと関与している裏付けは必要です。裏付けのない交渉は無意味どころか評価を落とすこともあるので十分気をつけて下さい。

評判の良い人材派遣サイト一覧(2016年最新版)

テンプスタッフキャプチャ画像

  • 対応エリア:日本全国完全対応
  • 対応性別 :男女完全対応
  • クチコミ評判:★★★★★

人材派遣の老舗テンプスタッフ。派遣会社としての実績が高く、スタッフのノウハウが高い事で有名。
大手企業をはじめ、正社員になれる仕事も多くあります。派遣が初めての方もすでに派遣で働いたことがある方もまずはじめに登録しておきたい大定番の派遣会社です。

 

→テンプスタッフの公式サイトはこちら

 

スタッフサービス(オー人事)キャプチャ画像

  • 対応エリア:日本全国完全対応
  • 対応性別 :男女完全対応
  • クチコミ評判:★★★★★

数年前にリクルートグループの傘下に入った人材派遣大手。
スタッフサービス独自の良質な紹介先が多いのが特徴です。
リクルートスタッフィングとは違った派遣先があるため、すでにリクルートスタッフィングに登録済みの方は併用してスタッフサービスへの登録をお勧め。

 

→スタッフサービスの公式サイトはこちら

 

リクルートスタッフィングキャプチャ画像

  • 対応エリア:日本全国完全対応
  • 対応性別 :男女完全対応
  • クチコミ評判:★★★★★

人材業界国内1位リクルートが運営してる人材派遣会社。
規模が大きいわりにサポート・スタッフの対応が親切と評判でクチコミ支持率が極めて高く推移してます。派遣先企業数の数&質が素晴らしいのはもちろん、充実の福利厚生も魅力です。あらゆる年齢層へのサポートが充実してるため主婦の方にもお勧め。 

 

→リクルートスタッフィングの公式サイトはこちら

 

Adeccoの人材派遣キャプチャ画像

  • 対応エリア:日本全国完全対応
  • 対応性別 :男女完全対応
  • クチコミ評判:★★★☆☆

スイスに本社を構える世界的に有名な総合人材企業。
数年前までは人材派遣に注力してた印象が強いが、ここ1,2年は正社員紹介に注力してる印象が強い。
したがって2016年、adeccoを使うのであれば正社員紹介がお勧めと考えられます。

 

→Adeccoの人材派遣の公式サイトはこちら